Hatena::Groupmulu

じむきょく日記

14/07/23 (Wed)

5月茶話会第49回「海辺の図書館スピンオフ企画「荒浜に学ぶ会」報告 12:37

こんにちは。藤亜紀's(初)です。


夏真っ盛りですね。

今週の月曜は海の日でした。

海行きました?


私は一日中部屋の片付けをしていました。

そう、夏を楽しむための準備です(笑)



さて、海にちなんだ5月茶話会のスピンオフ企画を

庄子さんからご報告いただきます。


  ***********


5月茶話会第49回「海辺の図書館スピンオフ企画「荒浜に学ぶ会」


★日時:2014年6月1日(日)8:30〜


★場所:HEARTQUAKE HOUSE(宮城県仙台市若林区三本塚中谷地49)

    仙台市荒浜地区


★参加:

徳島大学:吉田

徳島大学附属図書館:佐々木

東北メディカルメガバンク機構:清水

東北大学附属図書館:芦原

宮城教育大学:小林

MULU:庄子



★ゲスト:

HEARTQUAKE HOUSE:大内征氏

荒浜里海ロッジ:貴田・庄子


★報告


イベント当日は、まさに抜けるような青空で、風が心地良い日でした。


最初は、HEARTQUAKE HOUSEにて、代表の大内さんより活動の経緯や概要を伺いました。

東日本大震災後、子どもの頃によく訪れた荒浜で何かできないか?と思ったのがきっかけで、

荒浜からほど近い三本塚の地に一軒家を借り、そこを拠点に都会の人々へキャンプを通じて

被災地を知ってもらうという活動をしています。

私(庄子)のいっこ先輩ということもあり、荒浜あるあるネタで盛り上がりました。


f:id:michinoku_librarian:20140723123323j:image



参加者の自己紹介なども終わり打ち解けた雰囲気になったところで、次は荒浜へ。

3階まで津波が押し寄せた荒浜小学校や大内さんや私がよく釣りをしていた貞山堀

私の自宅跡などを見ていただきました。


f:id:michinoku_librarian:20140723123322j:image



その後は、荒浜に住んでいた貴田さんが全てDIYで作り上げた里海ロッジにて、

石窯ピザを焼き、みんなでハフハフほおばりながら、

ここ(荒浜)で我々にできることを語り合いました。


f:id:michinoku_librarian:20140723123321j:image



という中から。。。

海辺の図書館という活動を始めようとしています。

ほとんど「夢」みたいなことですが、私の故郷(荒浜)をプラットフォームにして、

東日本大震災に潰されない生き方を”図書館”を一つのテーマとして

模索していける「場」(リアル・ヴァーチャルの区別なく)を作るのが目的です。


日々の生活でバタバタしている中ですが、

日常からちょっと離れた居場所がすごく救いになることってあります。

よかったら立ち寄ってみてください。

こられない人はサイトをのぞいてみてください。

「お!」と思えることがあったら、ぜひ一緒に何かを始めてみましょう!


公式ウェブサイト:http://umibe.org/



    ***********



ぜひぜひ、サイト見てみてくださいね!



本編、5月茶話会「海辺の図書館」で行われた

ワークショップの作品も見ることができますよ~。


本編のご報告はまた後日♪