Hatena::Groupmulu

じむきょく日記

19/03/12 (Tue)

第68回茶話会「図書館見学を考えなおす〜CIと利用者教育の視点から〜」のご報告♪ 12:42

こんにちは。藤亜紀's(初)です。


またまたお久しぶりです。

今年は春が早そうな予感がしますね。


さて、先月の茶話会報告。

庄子さんがご参加されたみなさまからのレポートを送ってくれました。


庄子さんよろしくでーす☆


  ****


第68回茶話会「図書館見学を考えなおす ―CIと利用者教育の視点から―」

日時 2019年2月2日(土)13:00-16:00

会場 名取市図書館


ゲスト:

図書館サービス計画研究所(トサケン)代表 仁上幸治(にかみこうじ)氏

名取市図書館 副館長 加藤孔敬(かとうよしたか)氏


内容:

斬新な建築や個性的なサービスが広がる中、図書館見学が注目されています。地域おこしや観光スポットとして、多くの見学者が訪れる一方、いったいどこを見ているのか?どこを見ればいいのか?意外と個人的趣味嗜好で見ているのではないでしょうか?今回は、CI(コーポレート・アイデンティティ)の視点を踏まえ、評価指標の可能性を探るなど、一味違った見学のあり方を探ります。

参加者:15名


幹事の庄子です。今回は、参加いただいた皆さまからレポートいただきました!


 *


まずは、ペンネーム「でも暮らし」さんからのレポートです。

---


加藤孔敬さんには、入り口にあるロッカーの使い方を始まりに、大変お世話になりました。立ち上げに際してのお話や、カフェコーナーの位置づけ、雑誌を通した地元からの協力、情報発信コーナーを巡る逸話など、どれも楽しくお聞きすることができました。


仁上幸治さんとは、以前に東北大学図書館での集まりでお目にかかりました。(亀さんのお話もうかがいました!)

カウンターに表示される「貸出」と「返却」について、目からウロコが落ちる思いでした。確かに、行動の主体が異なっています。易しい日本語へ直すと、対にならずおかしな表現です。利用者の方へ伝える言葉としては、「貸してあげますよ」の「貸」の文字より、「借りていけますよ」の「借」の方が ふさわしいような気がします。しかし、もしや借金を連想させて マイナスイメージにつながるでしょうか?かと言って「持ち帰り」ではまるで返ってこないみたいですし。「館外利用」では図書館の蔵書から外れる気がしますし。どんな言葉が、図書館の窓口らしいのでしょうね。


施設見学のチェックシートは、興味深い試みだと思いました。版数を重ねたとのお話でしたので、どのように工夫されてきたのか経過を知りたいです。「食べログ」方式にするなら、万人向けとするためにちょっとした説明が必要かもしれません。すでに「OPAC」の意味は その場で質問されていました。蔵書検索機、と日本語にすれば わかりやすそうです。一方、ユニークに思えたのは、言葉の意味はよく知っているはずの「座敷」でした。図書館の座敷とは・・・お昼寝スペースでしょうか? それとも オムツ替えや授乳室?「震災対策」の項目は必須ですね。


新しい図書館を隅々まで見学できて、とても充実した茶話会でした。

関わってくださった皆さま、ありがとうございました。

---


 **


次は、仙台市図書館の小野寺さんからのレポートです。

---


昨年12月にオープンした名取市図書館をMULUの皆様と一緒に見学してきました。

初めてのMULU参加。

はじめに、仁上先生からCIと利用者教育の観点での講義を受け、課題意識を持っての見学スタート。

見学後には、写真を持ち寄っての茶話会。

図書館員初心者の私にとって、本当に勉強になる会でした。行動に移してみるって大事ですね。

皆様、ありがとうございました。



f:id:michinoku_librarian:20190307172600j:image


---


 ***


そして、ありんこ文庫さんからのレポートです。

---


2回目の名取市図書館、MULU茶話会に参加しました。

仁上幸治さん(図書館サービス計画研究所代表)よりコーポレートアイデンティティについてのレクチャー、加藤孔敬さん(名取市図書館司書)による館内ツアーのあと、自由見学タイム。


カメラを携え館内でピンときたところを写真に撮って、後でコメントを発表するというプログラムでした。

私が選んだのは「情報発信コーナー名取の宝ばこ」に昨日から展示の始まったという「名取せり本」。商工観光課が作成した小冊子の展示なのだけど、遠目から見ると生野菜の販売所みたい。図書館の中の光景としては斬新で、この手法に将来性を感じました。未来館にいたころ展示と図書の連続性のことをあれこれ考えてたこともあって、夢みてたことが目の前に現れたような驚きもありました。


それにしても、今回は書庫など特別に見せていただいたところやレクチャーなど贅沢な時間でした。

図書館好きな皆さんとワイワイ過ごせたのも楽しかったです。企画や調整いただいた皆さんに感謝しています。


f:id:michinoku_librarian:20190307172555j:image:left

f:id:michinoku_librarian:20190307172550j:image:right


---


 ****


4人目は、風の時編集部の小林さんからのレポートです。

---


今日は「第68回 MULU(みちのく図書館員連合)茶話会「図書館見学を考えなおす?CIと利用者教育の視点から?」へ。

会場は、新しくなったばかりの「名取市図書館」。以前、荒浜での「お茶っこ」でお会いした仁上幸治さんがゲストでした。

図書館関係者さんたちがほとんどの中でしたが、個人的には、CIの話がとても興味深かったです。

日本でのCIの先駆けであるマツダなど(一応、グラフィックデザイナーの端くれとしては)昔勉強したことが紹介されたので、懐かしく思い起こされました。前の職場ではCIの仕事は月数本あったのですが、毎回アートディレクターデザイナーイラストレーターとでミーティングを重ね、社内プレゼンではことごとくわたしの案は採用されず、苦手意識が強かったので、あまりいい思い出ではなかったりしますが…。


仁上さんのそんなCIを含めた目線を聞いてからの、新しい「名取市図書館」見学では、普段見ている「図書館」とはまた違う見方ができました。「中の人」ではない利用者側からの目線ではありますが、ちょっとのことで興味って広がる!新しいところを見れたように感じます。


アーカイブがあちこちに活用されているのも興味深く、集めるだけで終わらない「活かす」アーカイブは勉強になりました。これから先またどういう形に育っていくのかも楽しみです。デジタルサイネージがあちこちに置いてあって、昔の写真を随時募集しているのも、常設の場所とマンパワーがあってこそだなぁとうらやましく思ったり。

昔自分がデザイン・制作した本を発見したり、普段入れないバックヤードの閉架書庫を見せてもらったり、名取といえばセリ!なぜ図書館にセリ?!と驚いたり…このあたりが、新しい図書館像だなぁと感じました。

わたしは前回の「目で見る印刷の歴史 ?活版印刷から最新技術まで?」が初参加で、今回が2回目の参加となりましたが、どちらも自分の業種に遠からず、のテーマだったので、図書館とデザインって全く違うようでいて、実は関係性が深いのかも、と新たな発見もできました。

今日は、とても貴重な機会をいただき、楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました!


f:id:michinoku_librarian:20190312125119j:image:left

f:id:michinoku_librarian:20190308124839j:image:center]

f:id:michinoku_librarian:20190308125301j:image:right


f:id:michinoku_librarian:20190312125011j:image:center]

f:id:michinoku_librarian:20190308125031j:image:right


f:id:michinoku_librarian:20190308125045j:image:left

f:id:michinoku_librarian:20190308125104j:image:center]

f:id:michinoku_librarian:20190308125241j:image:right


---


以上、4名の皆さんからレポートいただきました!ご協力、ありがとうございました。



  ****


庄子さん&ご参加のみなさま、ありがとうございました~。

お寄せいただいた写真から素敵な館内の様子がうかがえますね。

近くにいらっしゃった際はぜひ。



さてさて、あれ?67回飛んでない?と気づいたかどうかはわかりませんが、

67回のレポートも今後掲載予定ですのでお楽しみに~☆